歯科技工士:内田 圭悟

歯科技工士:内田
コメント

常に安定したクオリティの製品を提供することを目標に、どんな環境になっても対応できる、幅広い知識と、歯科技工士としての十分な実力を身につけたいと考えています。

セラミックファクトリ―東京で学んだことを教えてください。

技工物は「人工臓器」であり、「医療」を提供しているということです。
患者さんに対面することなく、技工を行っていたときには模型上が歯科技工のゴールであり、模型上でいかにきれいな、理想的な技工物を作るのかと言うことばかり考えていました。セラミックファクトリ―東京はオーラルプロポーションクリニック併設でもあるため、立ち会いはもちろん、自分が作製した技工物が口腔内に入った状態を目にする機会があります。その中で、自分が作っているのは「モノ」ではない。「人工臓器」を作っているのだと言うことを実感しました。そして、人工臓器はきちんと患者さんの身体の中で機能しているのかが最も重要であること、自分たちが提供しているのは単なる「モノ」ではなく「医療」であるということを感じています。

セラミックファクトリー東京の魅力を語る歯科技工士内田さん
セラミックファクトリ―東京の魅力を教えてください。

やる気と努力次第で全てのケースを担当、経験することができるという点です。
セラミックファクトリ―東京は患者担当制で作業をしています。ラボによっては、作業を分担して行うところも多いですが、ここは担当した患者さんの全ての技工作業を一人で行います。経験が浅いから、若いからと言って、簡単な作業ばかりやらされると言うことはありません。もちろん、初めは先輩に指導してもらいながらですが、やる気さえあれば、難しい症例にもどんどん挑戦できます。

セラミックファクトリー東京で働くメリットを答える歯科技工士内田さん

セラミックファクトリ―東京で働くメリットを教えてください。

歯科医師、患者さんからのフィードバックが得られる点です。
一般的なラボだと、納品したものが戻って来なければ「きっと大丈夫だったんだろう」程度にしか考えることができませんが、ここでは、例え技工物が無事に口腔内に入ったとしても「調整量が多かった」「もう少しこうした方が良い」など、歯科医師からのフィードバックを受けることができます。また、患者さんと直接相談しながら、要望を取り入れて、より良い技工物を製作していけます。実際に、口腔内にぴったりと技工物が入ったときには「ありがとう」と患者さんから直接言ってもらえることもあり、歯科技工士としてのやりがいにつながっています。

セラミックファクトリ―東京で任されている仕事を教えてください。

歯科技工+人材教育+売上経営管理等です。
歯科技工士としての技工作業はもちろん、歯科医師とのミーティングや、治療への立会い、患者さんとの相談なども行います。また、スタッフの教育やシフト管理なども私の仕事です。セラミックファクトリ―東京ならではと思うのは、売上や経営管理まで、全て技工士に任せられているという部分ではないかと思います。製作した技工物がどれくらいの利益を出しているのか、新しい機材を導入したいが、経営的に問題ないかなど、自分たちで考えて行っています。責任もありますが、歯科技工士としての技術だけではなく、こういった経営面の勉強もさせてもらえるのは、他ではできない経験ではないかと思っています。

将来のビジョンを語る歯科技工士内田さん

将来のビジョンを教えてください。

どんな環境にも対応できる実力と知識を持った歯科技工士へなりたと思っています。
歯科技工士としてのスキルアップはもちろん、経営面の知識も身に付け、将来の選択肢を増やしていきたいと考えています。将来、どんな環境になっても対応できる、幅広い知識と、歯科技工士としての十分な実力を身につけたいです。

求職者へのメッセージを語る歯科技工士内田さん

転職を考えている方へのメッセージを御願いします!

働きやすく充実した環境を一緒に作っていきましょう!
なんでも相談しやすい雰囲気の職場です。なんでも話しあいながら、お互いに良い環境を作っていきたいです。やる気のある方、協調性のある方をお待ちしています。

こちらの記事はセラミックファクトリー東京公式ページによる取材記事を引用しております。