歯科医師:萩尾 信輔

【歯科医師】副院長
コメント

『共感できる理念を掲げる院長に出会えたから、自分が目指す姿も明確になりました』

経歴を教えてください。

大学を卒業して半年は昭和大学、次の半年は川崎にある一般歯科に研修医として勤務していました。その後、自費がメインの医院に2、3年勤務しましたが、やはり経験が浅いうちにやらせてもらえる診療内容ではなく、あまりやりがいを感じることができませんでした。その当時の院長に相談したところ「ここよりは自費率の低い分院に行ってみたら」と提案をいただき、分院に行ってみましたが、自分で選んだ医院ではないため、診療内容も医院の雰囲気もギャップが大きく辞めてしまいました。その後は一般歯科で5年勤め、次に来たのがこの医院です。

オーラルプロポーションクリニックに入社したきっかけを話す萩尾歯科医師

オーラルプロポーションクリニックに入社したきっかけは何でしたか?

「全部の診療科目をこなせるドクターになりたい」と思って一般歯科に5年間勤めていたのですが、段々と「審美やインプラントを専門的にやりたい」という意思がはっきりとしてきました。その医院ではインプラントの症例があまりないところだったので、インプラントで有名なクリニックの求人を探しました。そうして見つけたのがオーラルプロポーションクリニックだったんです。学びたかった点滴麻酔の扱いがあることにも惹かれましたね。

オーラルプロポーションクリニックの魅力を話す萩尾歯科医師

オーラルプロポーションクリニックの魅力を教えてください。

ここまで専門的に審美やインプラントに取り組んでいることに、実際来てみて驚きました。長い間、保険がメインの医院にいたため、自費中心の診療では違いが大きく戸惑うこともありました。とくに難しく感じたのは、患者さんへの時間の使い方と、頭で理解していても思うように手が動かないということでした。でもこの医院には院長や副院長がしっかりサポートをしてくれる環境があるので、とても助けられました。院長は、経験に関わらず、やりたいという気持ちがあれば平等に挑戦させてくれ、後輩の失敗も責任を持ってフォローしてくれる先生です。そんな先生の元で働けるので、自分のなりたい姿も明確に見えるようになりましたし、日々自分の成長を感じることができています。

将来の展望を話す萩尾歯科医師

萩尾先生の将来展望を教えてください。

このクリニックにいると、無性に開業したくなるんです(笑)何でも挑戦させてくれる頼れる院長と、しっかり診療を支えてくれるスタッフたち、充実した設備や技工所など、本当に良い環境です。「患者さん達のためにも、歯科で働く人たちのためにも、こんなクリニックをもっと増やせたら・・・」と自然に考えてしまうんです。今はこの医院の院長や副院長に大きな刺激をもらいながら日々学んでいますが、いつかは自分も人に影響を与えられるようなドクターになりたいです!

こちらの記事は DentPressによる取材記事を引用しております。